COMPANY

VISION

企業理念

100 年先も続く文化創造を目指して、土地と地域・人がつながる場をつくる。

ワールドパークでは、遊休地や活用されていない公的資産を生かす不動産開発、商業施設のプロデュースやブランディング事業を展開しています。
「100 年先も続く文化創造を目指して、土地と地域・人がつながる場をつくる。」をコア据え、コンセプトの立案から開発、運営受託・施設のコミュニケーションテクノロジーまで、 総合的なご提案・サービスで、圧倒的に魅力的な「場」を創造します。
「世界基準の場」を日本に、そして「世界で取り入れられる場」を日本から。あらゆるシーンで、土地と地域・人を結びつける新たな体験価値を提供します。

TOP MESSAGE

代表メッセージ

CEO

石山 高広

代官山駅開発事業に携わった際に、人に文化を醸成する地域に根ざした開発 事業を行いたいと考え、独立。ファッションブランド、コスメブランドの立 ち上げ・店舗開発・イベント企画運営、飲食・エンターテイメント事業プロ デュースを多数経験。 多くの事業会社とのネットワークを活かし、商業施設から公共施設まで幅広 い事業展開を実現する。


100年先まで続く公園文化をめざして

「人が集まる場所」
そう聞いて思い浮かべるのは、どこでしょうか。駅、街、オフィス、イベント、学校。その答えは人の数だけあるし、きっとどれも間違いではありません。
でも、「公園」と答える人は、どのくらいいるでしょうか。
「公園」は誰のものでもありません。日常のすぐそばに、その存在はあるはずなのに、パッと思い浮かばない理由。それは、今の日本の公園が魅力的ではないから。私はそう考えます。
新しい商業施設が生まれる度に話題となり、多くの人が集まる場所は次々と生まれているのに、どうして公園はそうならないのか。
約40年前に開園した稲毛海浜公園を「サンセットビーチパーク」へとリブランディングする事業は、そんな疑問をひとずつ解消するところからスタートしました。
造成・開園から約半世紀もの時間が経っているのに、中身は何も変わらない。そんな公園が日本全国、あちこちにあります。
100年後の公園を見据え、アップデートすること。
日本発、世界に誇れる公園文化をつくること。

それが私たちの使命であり、未来へ果たす責任だと考えています。


公園「管理」から公園「運営」へ

公園事業は公共性が高いがゆえに、これまで経済的な視点というものが置き去りにされてきました。必要最低限の「管理」に止まった結果、「公園に行きたい」「行こう」という動機につながるような要素が弱くなってしまった。
それを民間である私たちの力で「運営」にシフトできないだろうか。

これが公園事業を立ち上げたきっかけでもあります。清潔で安全性が保たれるのはもちろん、訪れる人が皆「居心地がいい」と感じる場所、「行きたい」と能動的に思う場所へ。


COO

姉川輝天

2000年、株式会社ナノ・ユニバースに入社後、セレクトショップ店長、店舗開発、国内外のバイヤー、クリエイティブディレクター、レストラン事業の立上げ、ラジオ番組/TVCM製作管理、日テレ「スッキリ」生放送出演等、マルチに活躍。2017年4月ナノ・ユニバースから株式会社三陽商会へ新規事業部クリエイティブ ディレクターとして転職し、L A発 サステナブルブランド「A P O L I S」の日本展開に携わる。2020年2月より株式会社ワールドパークへ参画。


次世代公園に向けて「SDGs」と共に

何処かで聞いた事のある言葉、SDGs=Sustainable Development Goalsとは、2015年9月に国連サミットで発表された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標です。「貧困をなくそう」「すべての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現しよう」「安全な水とトイレを世界中に」「働きがいも経済成長も」「住み続けられる街づくりを」「海の豊さを守ろう」など、SDGsの実現には一人ひとりの小さなアクションが大切ですが、行政、地方自治体、民間企業、教育・研究機関といった多様なステークホルダーの連携も求められます。

我々の「サンセットビーチパーク」は次世代公園の代名詞を目指し、既存のものとの調和だけでなく、公園という空間生活との連動の重要性を訴え、デザインという力で新しいものを生み出す必要性を感じています。

ワールドパークは誰もが世界に誇れる「サンセットビーチパーク」を創造し続ける、 パークマネジメントがミッションです。


取締役

伊藤 武士

コンテンツプロデュースを事業とする上場企業にて、多岐に渡る新規事業を担当。 2010年より海外法人の立ち上げ責任者として、上海、北京に駐在し、現地での法人設立から事業を興し、スタートアップを実施。映像・書籍・ゲーム等、コンテンツライセンスの海外販売や現地でのローカライズ、プロモーションを推進。2017年より株式会社ワールドパークに参画。


テクノロジーが発展する現代のオアシス

ミレニアル世代という定義ができ、生まれて物心が付く頃からインターネットやSNSに触れ、様々な情報を瞬時に取得できるデジタルネイティブの世代が増えています。 一方で、人とのコミュニケーションはITによって簡素化し、遠隔でも意思疎通ができるような、便利だけどどこか素っ気ないコミュニケーションの時代でもあると言えます。

我々が手掛ける事業はリアルな場づくりです。
公園というリアルな場所で人とコミュニケーションを取り、時間の流れを共有し、自然を五感で感じるコトのできる場づくりを、この時代だからこそ再定義していきたいと考えています。


官民一体プロジェクトの最前線

敷地面積は65ヘクタール、東京ドーム14個分の大型都市公園の再開発として、 行政がインフラを整備し、我々民間企業がソフトを作るという大きな目的の下にこのプロジェクトはスタートしています。
毎週行われる行政との定例会議にこれまでに費やした時間はのべ300時間。最終目的の為に小さな事例を作りながら課題解決していく事も求められます。

行政が管轄する都市公園は、国内だけで2万件あると言われていますが、時代も変化し、集客できない施設は行政の財源を圧迫し、老朽化した施設は地域の治安も悪くします。 財政負担を減らし、新たな収益事業の提案・実現こそが今後の官民事業の鍵となると感じています。


CCO

菅野 慶太

WHITE PAPERS Ltd, 代表取締役。 広告代理店、空間プロデュース会社を経て、2007年より TRANSIT GENERAL OFFICEに参画。プロデュース事業部を立ち上げ、コンプレックスビルディングや商業施設などのプロジェクトに従事。2013年WHITE PAPERS設立。 企画とブランディングを主軸に、クリエイティブディレ クション、インテリアデザイン、グラフィックデザインなど 幅広く活動。ファッション性の高い飲食事業の開発から 大型施設の企画開発まで、多彩なプロジェクトを手掛ける。企画やビジネスの組み立てからの参画も得意とし、コンサ ルティングなども行う。


体験価値を創造する

「このホテル、居心地いいな」「このカフェ、なんかいいな」。 毎日の暮らしの中で、誰でもふとそんな風に感じる瞬間って、ありますよね。この「居心地がいいな」や「なんかいいな」というもの。それが体験価値です。ただ、これが厄介なところは、可視化できないという点。

例えばみなさんが思う「いいレストラン」という判断は、決して料理の良し悪しだけで成り立っているわけではありません。椅子、照明、カトラリー、流れる音楽、さらにはメニューデザインやスタッフが醸す空気感に至るまで。すべての”情報をひっくるめて食べた”結果、そう判断しているわけです。

この”可視化できないもの”のがどういう要素で成り立っているのかを掘り下げ、細やかに分析し、提案すること。クライアントが抱いているぼんやりしていてまだ形にはなっていないけれど、抱いている理想の形。それがよりクリアに見えるよう解像度を上げること。それが僕の役割です。


サスティナブルかつ最大公約数を幸せにすること

ターゲットを絞ったブランディングに比べ、公園など公共性の高いものをブランディングするというのは、実は非常に難しいこと。
特に「サスティナブル=持続可能性」が求められている今は、なおさらです。なぜなら、多くのユーザーから支持を得られなければ、それは持続不可を意味するからです。

そして、ときにブランディングの世界では、「マス=ダサい」という評価がされがちでもあります。でも本当にそうでしょうか。
最大公約数を幸せにするということは、イコール「サスティナブル」だと僕は考えます。公園事業のリブランディングという、まだ誰もチャレンジしたことのない未踏の原野で、足跡を残すこと。ワールドパークが取り組むのは、そんな奇跡です。


COMPANY PROFILE

会社概要

社名
株式会社ワールドパーク
代表石山 高広
本社所在地〒261-7114 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 ワールドビジネスガーデンE 棟 1507
TEL
043-215-7350
FAX043-306-8860
事業内容遊休地の不動産活用、公的資産の活用、リニューアル、運営受託、不動産投資・開発
設立 2016 年12 月
資本金2550 万円(資本準備金含む)
取引金融機関三井住友銀行、京葉銀行